ごあいさつ

1998年秋、クルマのこともレースのことも知らない私が、ある雑誌の特集記事に大いに影響を受けて創めてしまった!それが世界最高峰の重力カーレース 「オールアメリカン・ソープボックスダービー® 」の日本の幕開けです。(添付:ソープボックスに全力投球)

人との出会いに恵まれる中、会社をつくり、商標を取得し、賛同してくれる仲間や家族とNPO法人日本ソープボックスダービー(NSBD)を立上げ、その仲間等とNSBDを中心に今日まで我武者羅に突き進み、お陰様で最近では、子どもに特化したこのレースの魅力と、今までの日本にはなかった「クルマ・カルチャー」普及のミッションが、世の中で認められるようになりました。(添付:活動記録)

そこで、これを機にマンパワーに頼ってきた10年間のやり方を見直し、今まで使い切れずにいた弊社をあらためて稼働させ、更なるパワーアップと安定して継続できる体制を整えたいと思います。

「アンカーマンは会社の本分を活かし、大好きなソープボックス® が日本で成熟することを願い、NSBDの活動を支えて参ります!」

平成21年10月18日

アンカーマン株式会社

代表取締役 山本教子

第9回ソープボックスダービー日本グランプリより

写真提供:NSBD

第71回オールアメリカン・ソープボックスダービー国際大会

写真提供:NSBD